2019年3月11日月曜日

訪問看護ステーション24時間体制開始にあたり

訪問看護ステーションのブログにもありますが、

リハラボ訪問看護リハビリステーションは、3月より24時間365日緊急体制(オンコール体制)を開始しました。

3月・4月をプレオープンとし、5月より本格的にサービス提供を開始していく予定です。

看護チームはオンコール体制構築以前から、その時々で最大限のパフォーマンスを発揮し、リハビリチームと共に地域において何ができるかを考えつつ、横の連携を大切に働いてきてくれました。

 今回オンコール体制を開始するにあたり、看護チームの負担や地域における責任は増加します。そんな中、今回の重大なチャレンジに前向きに取り組んでくれている看護師達には頭が下がります。

 オンコール体制を開始するにあたり、施設長と共に最も重要と考えた事は「適切なサービス提供」というキーワードです。

 現在、地域において、看護師の人材難は深刻な問題です。間違いなく、訪問看護はやりがいのある仕事だと思います。しかし、オンコール体制が看護師の負担過多となっている事も現実です。

 リハラボはこの問題に正面から向き合う事にしました。看護チームがチャレンジしているのは、「スタッフに無理のない人員配置、適切な形のサービス提供」です。そのために何ができるか?看護師ひとりひとりが考え、様々な話し合いがなされています。

 今考えてみると、この無理ない体制を目指してきたからこそ、開設からオンコール体制の構築までに2年以上を費やしたように思います。

 現在リハラボは看護師10名体制でオンコール体制をスタートさせています、今後状況に応じてさらなる人員増も想定しています。

 看護師達が適切な形でサービスを提供し、オンコール体制構築後もよりやりがいをもって働ける組織を目指していきたいと思います。

株式会社 Reha Labo Japan 代表取締役 竹下健輔
2018年12月22日土曜日

リハラボ全体集会

12月10日(月)リハラボ全体集会」を開催しました。


今回は久しぶりに高円寺の庚申会館・会議室をお借りして開催しました。


総勢50名ほどの参加者となり、非常勤のスタッフの方々も大勢参加していただきました。


スタッフの皆さま、通常業務が大変忙しい中、ご参加いただき誠にありがとうございました。


年間計画の中で最も重要と考えているのがこの全体集会です。


スタッフに対し、会社として「今何を考え」「今何をしているのか」
「どのような考えのもと会社を運営しているのか」・・・等々をダイレクトに伝えるのがこの全体集会の主旨です。


長年勤務しているスタッフに対しても、新卒のスタッフに対しても同じように伝え続ける必要があります。


一見シンプルだからこそ、伝える事が難しくもあります。





















リハラボが始まってから数年間、現場で働きつつ「プレイングマネージャー」として事業を拡大してきました。これまではスタッフと同じ立場で、同じ目線で働く事によってリハラボのコンセプトを共有する事が出来ていました。

しかし、今はほぼ現場を離れ、スタッフ数が増加していく中、我々経営陣が何を考えて動いていくべきなのか常に自問自答しています。

一貫して変わらないのは、私たちが「スタッフのために何ができるか?」を常に考え、全力で行動するということです。


組織が変わりつつあるなか、この事だけは忘れないようにしたいと思います。

そしてその言葉が上辺だけにならない事がなにより大事。

言ってるだけでスタッフが実際に変化を感じられなければ全く意味がありません。




来年のテーマは「実」


働き方改革を行う中、スタッフの皆様に変化を実感してもらうこと。そしてその事がご利用者に対するサービスの向上として表面化する事。


2019年は、考え・行動し・実感までつなげる事に注力していきたいと思います。

来年もよろしくお願いいたします。
2018年8月31日金曜日

理学療法士/作業療法士募集中(訪問看護ステーション)

弊社訪問看護ステーションでは、現在理学療法士・作業療法士を募集しております。

※土曜日勤務可能な方(週1~可)急募
※常勤・非常勤共に募集
※井荻店・主任候補募集

詳しくは下記リンク先【コメディカルドットコム】ご覧ください。

PT求人

OT求人


訪問看護ステーションは4月に高井戸店・井荻店2店舗同時オープン後、おかげさまで順調に事業が拡大しております。


地域の皆さまからの訪問看護に対する受容に対し今後もしっかりと対応していけるよう、事業拡大と共により安心安全な訪問看護を心がけていく事が何より大切です。

スタッフ一人ひとりがご利用者様と全力で向き合う気持ちを忘れずに、より充実したサービス提供を目指し邁進してまいります。

デイサービスも含め【リハラボ訪問看護リハビリステーション】をこれからもどうぞよろしくお願い致します。




株式会社 Reha Labo Japan 代表取締役 竹下 健輔



2018年7月6日金曜日

リハラボグループ全体集会を開催しました。

7月4日(水)リハラボ高円寺で
定期的に開催している「第6回 リハラボグループ 全体集会」が行われました。

今年度の事業計画の確認や、今後リハラボが目指すべき方向性などの話を中心にさせていただきました。

 今回まず驚いたのが参加人数の多さです。約40名ほどの参加者となりました。改めて皆様の前に立つと、リハラボという組織が成長し、そして多くのスタッフ達を守るべき立場になった事を再度実感しました。








そして話をしていて強く感じた事は、スタッフの皆さまが我々の話に対して非常に熱心に耳を傾けてくれた事。約1時間超の長丁場でしたが、真剣な眼差しで話を聞いてくれる姿に非常に心を打たれました。

そんなスタッフの皆様に対し少しでも応えるべく、出来る限りシンプルなメッセージを分かりやすくお伝えしたつもりです。ほんの少しでも心に響いて頂けると幸いです。





平成30年度リハラボは新たなステージに突入します。

会社としての基盤を固めつつ、更なる新しいチャレンジを続ける事は一貫してブレません。

そして、これからリハラボは「100人企業」となっていきます。更なる自覚と覚悟をもって日々取り組んでいきます。

スタッフの皆さまはお忙しい中集まっていただき、大変ありがとうございました。

今後もできる限り皆様に直接メッセージを伝える事ができるよう、継続的な開催を目指していきたいと思います。

そして、更に皆様の心に響くような、ワクワクするような話ができるよう一層の努力を続けていきます。

※その後のお楽しみ会も大盛況でしたね!幹事の皆さま大変お疲れ様でした。


株式会社 Reha Labo Japan 代表取締役 竹下 健輔


2018年5月22日火曜日

杉並区全域がフィールド(窓看板の話)

先日リハラボ訪問看護リハビリステーション井荻店のガラス面に看板を設置しました。


杉並区の地図にリハラボ全7店舗のロゴが入っています。(赤がデイ・青が訪看)





















リハラボが地域においてどのような事業を行っているか?


できるだけ簡潔にイメージできる仕様です。


素敵な花が咲いたため一部隠れてしまいましたが(笑)


非常に気に入っています。






















リハラボは杉並区全域が会社のフィールドと考えて事業を進めております。

デイサービス・訪問看護共に安心安全に最適なサービス提供ができるように。
リハラボで出会ったご利用者様に包括的・継続的なサービスを提供できるように。

杉並区全域をしっかりとフォローしていく事を目標に計画を進めております。


地図を見てみるとデイサービスに限り、荻窪周辺の杉並区北西部の辺りがまだカバーできていないことが明確です。

出来る限り早く北西部もカバーし、胸を張って杉並区全域をカバーしているといえるよう努力していきたいと思います。

また、近隣の中野区・練馬区・世田谷区・武蔵野市・三鷹市などの地域ともしっかり連携をとっていく所存です。


今後ともリハラボをどうぞよろしくお願いいたします。


株式会社 Reha Labo Japan 代表取締役 竹下健輔